RSS | ATOM | SEARCH
志摩自然学校で、鼻笛吹いてきました。
久しぶりの活動です。

ご近所・志摩市で、鼻笛をとても楽しんでくださっている
視覚障害者のかたがいらっしゃるのですが、
そのかたから「仲間たちにも聞かせてあげたい」とお誘いをいただき、
おじゃましてきました。

やや年齢層が高めということで、
吹かせていただいた(一緒に吹いてもらったり歌ってもらったりした)曲は
唱歌を中心に、少し懐メロのほうで。
(というか、私が最近の曲を吹けないというのもあるので
ちょうどありがたいところなのです^^)

・夏は来ぬ
・青い山脈
・ふるさと
・瀬戸の花嫁

・振り向くな 君は美しい
(君は何をいま見つめているの〜♪)

また、志摩自然学校にいる友人たちも
鼻笛演奏にまじってくれました。
心強かったです〜、ありがとう!

「音だけ」というなかで、どれだけ
鼻笛の「鼻笛らしさ」をお伝えできただろうか……と思っておりますが、
「なんかちょっとかわった、ゆる〜い楽器があるらしいぞ」ということを
心にとめていただき、ふとした瞬間に思い出してもらって
「ちょっと、吹いてみようかな」と思っていただけたら
いいなあ、と思っています。


志摩自然学校のみなさま、
志摩視覚障害者福祉会のみなさま、
どうもありがとうございました!

演奏中の写真がないので、
志摩自然学校近くから望む英虞湾の風景を
添えておきます。
ちょっとガスがかかっていますが、
三重県志摩市、そして志摩自然学校があるのは、
こういう自然ゆたかな場所なのです。
のんびり〜。



author:emix, category:イベント【報告】, 08:15
comments(0), -, - -
萬古まつり、こんなんでした!
5/11、12の土日は、萬古まつりでした。
一日目の11日は、あいにくの雨。ざざぶりの雨。
しんしんと冷える雨……ということで、
ブースは出していたものの、ほぼ作業とリハーサルの日でした。

翌日は、一転、ピーカン晴れ!
朝の天気予報では「日焼け注意」「要水分補給」などが
伝えられちゃったりするような、違いよう。
なんなんでしょう、この盛大な振れっぷりは。

ともあれ、お天気がよいことは、
外での出店には大歓迎。

今回は、似顔絵師の鼻笛なかま、サナエッティが居てくれたので、
こんなブースになっていましたよ。

ブース

鼻笛を吹きながら、似顔絵を描いてくれます。

なお、「鼻笛とわたし」という似顔絵オーダーも可能です。
こんなんになります(笑)。

鼻笛つき似顔絵

彼女がいるときは、こういう仕込みも加わったりしていくと思うので、
よろしければぜひどうぞ。

あ、もちろん、こういうのばっかりじゃなくて、
ちゃんとした本気の似顔絵も、鼻笛似顔絵の「ついで」に描いてくれますよ。
大工のひとが、鼻笛をつくるついでに家を建ててくれるのと同じパターンです。
(今回、大工のひとは本業のほうの作業&イベントで二日目は不在でした。
雨の一日目には、いてくれたのですが。残念。)


そうそう、今回からの仕込みとして、もうひとつあります。

いつも、「大道芸」として鼻笛とともに賑わしてくれる
鼻笛仲間で南京たますだれびとの
八房恭香ちゃんが残念ながら今回は不参加となってしまい、
いただいていたワクが全部鼻笛になっちゃうので
「大道芸ぽいことを、鼻笛でなんかできないか」と考えて
せっかく似顔絵師がいるわけだし、
「鼻笛で一曲吹きながら、似顔絵を早描きする」という芸をすることに。

すきな曲をリクエストしてもらい、
鼻笛をハンズフリー状態にして、
その曲を一曲吹ききる間に、
そのかたの似顔絵を仕上げる、というものです。

だいたい、時間にしたら1分あるかないか、だと思います。

早描き

予定外で、突然生まれた企画(笑)なので、
記録とかの手も追いつかず、
描いた絵は、その場でお渡ししてしまったので
ちょっと「こんなんだよー」っていう
わかりやすい記録が残っていないのですが……
(ああ、記念写真撮らせてもらったらよかったなあ)

おもしろがってもらえそうな場があれば、またやるかもしれません。

そんなこんなで、ネタが増えました。
よかったらこんな余興もぜひ、お楽しみくださいー。

お越しくださったみなさん、どうもありがとうございました!!

author:emix, category:イベント【報告】, 06:49
comments(0), -, - -
【4/27】モスリン鼻笛ライブ in サルシカ秘密基地……の一幕。
サルシカライブ

モスリンさんの春のライブツアーのひとつ、
サルシカ秘密基地ライブ。

モスリンさんの演奏の幕間に、
鼻笛仲間たちがいろんな楽器を持ってステージに紛れ込み。

演奏中はあんまり気にしていませんでしたが、
こうして見ると、何がなんだかの集団でした。

ウッドベース、
トランペット、
ブルースハープ、
マトリョミン、
ケロミン、
鼻笛、
鼻笛+ギター。

よくも、こうしていろんな楽器を奏でる人が
集まったもんです。

他にも、たくさんの催しがいっぱいの
にぎやかな一日でした!


こちらのレポートは、
サルシカブログをどうぞ!

http://www.salsica.com/?p=13344
(ボリュームのあるイベントだったので、
まだこのブログのあとにぞくぞくと続くようです。
どうぞちょこちょこのぞいてみてくださいな〜)

author:emix, category:イベント【報告】, 13:33
comments(0), -, - -
【4/1】鼻笛ランチの会、無事終了〜
亀山、石水渓にある自然ゆたかなキャンプ場の一角の小さな小屋で、
ナチュラル素材を中心とした子どものおもちゃや、
ほのぼの、あったかい気持ちになる本や絵本を販売しているkiwiさん。
(そして、その商品ラインナップに鼻笛もまぜてもらってます♪)

そのkiwiさんの主催で、
おとなりのカフェ・望仙荘を会場に
「鼻笛ランチの会」をやってきました!

鼻笛ランチの会とは、
お子さまランチのおまけのおもちゃのごとく、
望仙荘さんのおいしいランチに鼻笛がついてきて、
吹き方のレッスンをさせていただきながら、
一緒に楽しく吹いて遊ぶ会。

kiwiさんのお客のみなさん、
ちびっこ連れのお母さんたちが来てくれました。



鼻笛たちが、お出迎え。

レッスンのようすは撮っていなかったので
残念ながら写真はないのですが、
みんなで、お座敷で輪になってアットホームな感じの空間で
鼻笛の音の出し方、音階のつけかた、そして合奏、などと
やらせていただきました。
(こどもたちは飽きておもちゃで遊びはじめちゃった〜)


そして、これが望仙荘さんのランチ。
かわいくて、やさしい味で、おいしかったー。



食後は、ライブタイム。
ちょうどハイキングのご一行が立ち寄るということで、
ギャラリーがたくさんいる中での演奏に。ちょっとどぎまぎ。



(鼻笛装着してます)

何曲か演奏した中で、
吹く会長がなにやら意味ありげに演奏したのは、
中条きよしの「嘘」。

……はい、エイプリルフールですもんね。
こういう仕込みには余念がないです。

そんなこんなで、カントリーな雰囲気のあるログハウスに、
はないきで奏でる演歌の調べが響いたのでした。
(あ、演歌ばっかりやっていたわけではありませんので、念のため)



おまけ。
望仙荘さんの薪ストーブの上には、
なにやらくるくる回るプロペラが。
ファンヒーターならぬ、ファンストーブです。

熱をエネルギーとしてあれこれして、
プロペラを回す力にしているものだとか。

こういうものが子どもたちの身近にあると、
電気以外のエネルギーの可能性を
素直に想像できて、いいなあと思います。


author:emix, category:イベント【報告】, 00:06
comments(0), -, - -
鼻笛de第九 ナイトコンサート in 四天王寺、無事終了!(追記アリ)
鼻笛第九、練習風景
(本番直前の、練習風景!) Photo by K.Nakaya

年末も押し詰まった12/29、
三重県津市の古刹、塔世山 四天王寺を会場に行われた
「鼻笛de第九 ナイトコンサート in 四天王寺」。

盛り上げてくださった参加者、応援のみなさん、
いろいろ役目を買って出てくれたなかまたちのおかげで
無事、楽しい笑いのなかで終了することができました!

ほんとうにありがとうございました。

内輪の話がもりあがって大きくなっていったとはいえ、
ふりかえれば、いろいろと足りていなかったところが……。
特に、なかまたちの紹介。
じつは、けっこうすごいひとや、相当におもしろいひとたちが、
鼻息吹きながら、しれっと関わってくれてたのです!

ありがたいことに、内容の方については
参加してくれたなかまたちがUSTREAMほか、
それぞれのブログでレポートをアップしてくれていますので、
内容については、こちらに振らせていただこうっと。

ということで、リンクを文末にまとめましたので、
ぜひこちらをご覧ください〜。
特に、サルシカの奥田隊長がとても楽しい語り口で、
充実したご紹介をしてくださっていますよー!

サルシカタイトル
 こちらが公式報告と思っていただいてもいいくらい。
 隊長、ありがとうございます〜!!!



そんな訳で、こちらでは、みなさんが書いていないところを縫うかんじで、
「鼻笛第九」が実現できるまでの経緯をふりかえりながら、
協力してくれたり、盛り上げてくれたなかまたちを紹介しますね!

---

……実は、「鼻笛で第九を、おおぜいで吹けたらいいね」ということは、
夢想としては、だいぶ前からありました。

北海道で大道芸をたしなむ、柳亭互久楽(ごくらく)さん という
鼻笛吹きのかたと、鼻の縁でmixiでつながっているのですが、
このかたとのメッセージのやりとりで話題に出たのが、発端。

※ちょっと探してみたら、互久楽さん、youtubeで発見。
http://www.youtube.com/watch?v=qdlBQxGkcfY


……で、その話を受けて、伊勢友の会のなかまうちで
「いつか実現したいよねえ」などと言っていたりしたのですが、

鼻笛なかまの友人Iさんが
「近所にできたバーに行ったら、おもしろい楽器が」と
マトリョミン」なる、素敵なおもしろ楽器の存在を
フェイスブックで書き込み。

さらに、演奏スタイルの紹介としてリンクしてくれたのが、
「100人のマトリョミン合奏 第九〜第九ブギ]
http://www.youtube.com/watch?v=Holq09ECic0

……ちょーおもしろい!!
しかも、本気っぷりがかっこいい。すごい!!!

で、おもしろがった吹く会長がそれを「シェア」し、
「鼻笛で第九の合奏やれたらいいなあ、お寺……四天王寺で」
と、ぽそっと発言したところ、
「よろしいですよ」と、書き込みをくれたのが、
フェイスブックともだちの四天王寺の倉島住職。

そして、その会話に、埼玉のハナブエニスト・モスリンさんが
「じゃ、参加しますよー」とからんでくれて、
鼻笛なかまの、神戸の鼻笛吹き・平澤翔さんに、
こんなことやるんだけど……とお誘いをしたら
なんと「いきます」とのうれしい快諾。

なんだかんだで、鼻笛つながりの赤い?糸をたぐって
身近なミュージシャンたちに声をかけたところ、
尺八奏者の新田みかん氏、ゴスペルうたいのなおちゃん、
オペラ歌手のかっちゃん、ピアニストのJUNCOさんも
演奏&ボーカルで進行を手伝ってくれることになり、
そうこうするうちに、友人ふくたろーを通じて
地元インターネットテレビの津のまちTVのみなさんが、
鼻笛写真師松原さんを通じて、同じ美里町で活動している
おもしろいことが大好きなNPOサルシカのみなさんや
津あけぼの座のみなさんなど、強力な応援部隊が
影に日向に、後押ししてくれることに。

ちなみに、友人Iさんがマトリョミンと出会った
“近所のバー”=尾花座さんなのですが、
「おもしろそうだねえ!」と鼻笛なかまで盛り上がり、
みんなで遊びにいったら、もう、
予想以上におもしろすぎる場所と店主で。
マトリョミンだけでなく、ケロミンオタマトーン
その他、名も知らぬ風変わりな電子楽器が続々出てきて、
みんなでキャッキャと遊んで盛り上がりまくりました。


Photo by Y.Matsubara

……そんなわけで、当日参加してくださった皆さんとか、
動画を見てくださったみなさんは「なんでカエルが?」と
思っておられたかと思いますが、
開会の挨拶をカエルのパペット楽器「ケロミン」がやっていたのは、
「こことの出会いがなければ、このイベントは
はじまらなかったよね」ということで
図らずもきっかけを作ってくれちゃった尾花座さん代表として
ケロミンに「実行委員長」(操り手・座長なぐぁさん)
として登場いただいた訳、だったのでした。
……ふー、やっとここまで言えたっ。

(解説!)※HPあるかたは、本文中のリンクで
ご紹介にかえさせていただいてます。謝。


Photo by Y.Matsubara

新田みかん氏……菰野町在住のすてきおもしろミュージシャン。
たぶん尺八がメイン楽器ですが、二胡、フィドル、トロンボーン、
特製自作チンドン太鼓など、多彩な楽器を自在に演奏。
哀愁漂う曲から、シャープでかっこいい曲、コブシの効いた演歌、
思わずずっこけそうな、ゆかいすぎる即興曲……ジャンルで括ることのできない、
とにかく自由自在な音とリズムを作りだしてしまえるかたです。
さいきん、その楽器群にケロミンが加わりました。どんなケロに成長するのだろう。
みかん氏youtube演奏動画いろいろ。


Photo by Y.Matsubara

なおちゃん……ゴスペルユニット SpiriZメンバー。
本場で黒人のかたと一緒に歌ってきたというのがうなずける、
迫力満点の声質と声量が圧倒的。かっこいい。
倍音楽器が好きで、とくに口琴を楽しみ、普及してたりも。
SpiriZメンバーのさくらちゃんと一緒に
コミュニティカフェ「サクラカフェ」を
やっており、鼻笛も置いてもらってます
謎の鼻笛盛り上がりカフェになっているようなので、
お近くのかたは、ぜひのぞいてみてね。


Photo by Y.Matsubara

かっちゃん……emixの同級生。
音楽の授業のとき、歌、上手だよなあと思っていましたが、
実際に、本物でした……って感じです。
某音大で声楽を学び、今は地元でコンサートやオペラで歌ったり、
子どもにレッスンしたりと、いろいろな音楽活動をやってます。
ごはんを作る仕事も持っており、ともだち同士で集まるときは
いつもおいしいおかずをつくってくれます。
この日も、重箱いっぱいのおいなりさんを作ってくれました。ありがとー!


Photo by Y.Matsubara

JUNCOさん……なおちゃんのおともだち。
こんな謎めいた集いへのお誘いに「いいよー」と
こころよくピアノ演奏を引き受けてくれた、すてきなかた。
鼻笛第九の日が初対面だったのですが、超楽しかったです。
そして鼻笛、とても気に入ってくれて、
日々、かわいがってくれているみたいです。うれしい。
ちなみに、この日に出会ったご縁から
みかん氏を含む4人の鼻笛がらみの仲間で、
水墨画ライブペイントといろんな楽器の即興演奏がコラボする
ライブをやることに。素敵!
(しかも、別の場所だけど、これも舞台がお寺!)


そんなこんなで、スタッフ的に運営に協力してくれるなかまたちが集まり、
鼻笛第九演奏団としても、ともだちがさらにそのともだちを誘ったりする
うれしい連鎖の輪が広がったりつながったりして、
数々の鼻笛なかま※が北から南から西から東から、
この忙しい年末に、津に集まって……

……気がつけば、総勢50名ほどのかたがたが
集合してくれたのでした!

※来てくださったなかまのみなさまでブログのあるかたは、
 最後にブログのリンクでご紹介しています〜。
 全員をご紹介できなくて、ごめんなさい。
 また、把握してる範囲で、リンクさせていただいてます。
 見逃しているものもあると思うので、
 差し支えなければ、ぜひお知らせくださいませ〜!

STAFF

【進行】
司  会 /Hirohisa Okuda
通  訳 /Ikeyama Takuma ※ケロミン語・日本語対訳
実行委員長/Keromin (Nagha)

【ステージ演奏】
指 揮 /Naoko Mikami
ピアノ /Junco Nakamura
尺 八 /Mikan Nitta
鼻笛(陶器)/Mosurin
鼻笛(ウリモン)/Show Hirasawa
マトリョミン/Nagha
ケロミン1/Kanetoshi Nakaya
ケロミン2/emix

ボーカル:
バリトン/Mosurin
アルト /Naoko Mikami
ソプラノ/Miwa Katsuhara

【全体演奏】
鼻笛:全員、約50人
(Special Thanks, Everybody!)

【撮影】
スチール/Yutaka Matsubara(office 369番地)
動画配信/Tsunomachi TV

【企画】
日本鼻笛協会 伊勢友の会
emix & Ikeyama Takuma

【協力】
塔世山 四天王寺
Mr. and Mrs. Kurashima


Photo by Y.Matsubara

-------------------

(USTREAM)
津のまちTV
http://www.ustream.tv/recorded/19425117

(はじめ、音声入らず)
1時間03分後 音が入る
1時間04分後 ケロミンの挨拶+池山さんの通訳
1時間08分後 四天王寺住職のお話
1時間11分後 般若心経読経
1時間20分後 尺八演奏
1時間32分後 鼻笛第九 本番!


(なかまたちのレポ!)
サルシカ 新しいスタイルの田舎暮らし(NPO サルシカ 奥田さん)
「『鼻笛第九コンサート』第143回サルシカ隊がいく」
http://www.salsica.com/?p=9610

三重中勢の旬便り・・第二章(松尾表具店さん)
「鼻笛de第九 ナイトコンサート in 四天王寺」
http://ameblo.jp/matsu-hyou2/entry-11120626108.html

ようこそYellow Soul World へ…(Yellow Soulボーカル RIKIさん)
「鼻笛で第九を吹くat 四天王寺(津)」
http://d.hatena.ne.jp/riki119/20120102#p1

宇宙と野菜に愛と感謝を込めて(遊農人・池添くん)
「世界の鼻笛」
http://tokimekifarm.blog17.fc2.com/blog-entry-2158.html

モスリンのブログ(ハナブエニスト・モスリンさん)
「鼻笛第九演奏会 in 四天王寺@三重県津市」
http://www.myspace.com/mosurin00/blog/545108953

RAMO通信(アコースティックギター専門店ラモシオン・ラモさん)
http://ramo.mie1.net/e368503.html

author:emix, category:イベント【報告】, 07:56
comments(0), -, - -
8/5 うたごえ酒場【報告】
なにやら、昭和○十年代にタイムスリップしたような
レトロでアツい雰囲気のなか、おこなわれた「うたごえ酒場」。

わたくし、古いうたはわりと知っているほうだと思っていましたが、
それでも知らないツボばかりついてくるラインナップ(労働組合系)。

うたの歴史ってすごいなあ、そう思った一夜。

決してきらいじゃない、むしろ好きなほうのジャンルなので
ちょっとこっちのほうのうたとともに、
このへんの歴史も調べてみたいな、と思いました。

ちょう個人的には、ビクトル・ハラの
「魂は旗に満たされて」があったのが、
「ほかでなかなかみないよなあ!」と、うれしかった。
残念なのは、ラインナップにはあったけど、
演奏される機会はなかったこと。
(たくさん歌を集めた歌詞本を配ってもらって、
その中から「どれ演奏するー?」みたいな流れだったのです)

※ハラ、すきですー。
個人的なはなしになるので、詳しくが気になったかたは
同じ日付の別ブログから、探してみてくださいー。
(書いているうちに、ちょっとヒートアップしてしまったので
リンクはちょいとはばかられるのでした……)


……くわしいことは、吹くかいちょうにおまかせするとして、
とりいそぎ、写真をアップしておきまーす。

吹く会長自作の鼻笛と、
なかまの木工作家・越仮さん手作りの「鞄型カホン」!



なんとも気の合う、ふたつの楽器たちだと思うのですよねー。
いつでもどこでも動き回りながら、演奏可能。
音の出し方が「手軽でたのしい」、
なんとも敷居の低い、とっつきやすさ。

……なんか宣伝みたいになっちゃいましたが、
あらためて、この組み合わせを見たら
そんなことを思いました。


あそぼ、あそぼ。楽器であそぼ!

author:emix, category:イベント【報告】, 08:17
comments(0), -, - -
丸山祐一郎氏と、はるちゃん
虹のHoshiコンサートという企画があった。
一昨年、広島原爆の炎を持って九州から北海道まで旅した、丸山祐一郎氏と、はるちゃんが奏でていってくれたコンサート。

http://blog.goo.ne.jp/daikufuu/e/2c7201fdd41f7049dff6a001892207b5
(参考↑筆者の当時のブログです)

三重にまた彼らがやってきて、北陸で闘病中のMさんの回復を祈ろうという旨なんだけど、前記の縁で、お声がかかった。
これは、なんとしても都合をつけて、駆けつけねば……。

まりおはる

といふわけで、鼻笛写真師のまっちゃんと、鼻笛協会伊勢友の会の会長と、3人で津市内の赤塚さんのログハウスにお邪魔したのであった。

ベース
彼らのユニットの影のベース奏者(?)の私は、いきなり飛び入り演奏。


すったもんだで、おいしい料理もいただき、小惑星探査機の「ハヤブサ」が小惑星「イトカワ」に行って帰ってくるドキュメントの映画を見せてもらい感銘をうけたり……。

しかし、わすれてはいけない。
ここでもしっかり「鼻笛」を売り込んで、会場を後にしたのであった。
めでたしめでたし。


(本当に美味すぎる料理でした、ご馳走様でした〜☆)

料理


旅の音楽家 丸山祐一郎&はるちゃんの旅日記
http://ameblo.jp/mizukanrinba/entry-10736907557.html
http://ameblo.jp/mizukanrinba/entry-10739337287.html
author:fuu, category:イベント【報告】, 23:59
comments(0), -, - -
鈴鹿市「ロックタウン」
またまた、「『三重の木』利用推進協議会」のイベントに参加。
鈴鹿のショッピングモールの1等席に出店させていだだいた。

ロックタウン棟上

ま、なんだかんだで大工でもある身、伝統構法のミニ上棟式をやる、ということで、畳3帖分の小さな軸組みの棟上の実演をしながら、土壁、竹こまい(えつり)の体験会をしながら、という非常にばたばたした中でのこと。
それにしても、ショッピングモールで、伝統構法(石場建て仕様)の棟上、なかなか、快感であった……。

 参照→ ひとみね建築設計のブログ

ロックタウン鼻笛台

「『三重の木』鼻笛」もしっかり並べさせてもらった。
キャンペーン特価の1200円(無塗装1000円)。

なにはともあれ、そんな忙しいさなか(のはずなのに……)、隣でペルーの雑貨を売ってるミュージシャン(?)と、セッションしてみたりと、お祭気分の一日なのであった。

ロックタウンペルー
author:fuu, category:イベント【報告】, 23:07
comments(3), -, - -
11/23 ツリーハウスの見学会と、でか鼻笛実演。【報告】
鼻笛販売店で、鼻笛なかまの
畑のレストラン・ヒメシャラ」さんは、
裏庭の畑でとれる新鮮&おいしい野菜を使った
菜食ランチを食べさせてくれる、大好きなお店なのですが、
ひょんなことから、この、裏の畑にある、大きなクヌギの木に
鼻笛大工が、ツリーハウスをつくることになりました。

で、先月10月から作りはじめていたのですが、11月中には
床と壁ができて、登れるくらいまでになる目処がたちました。
ということで、製作途中ながら、
ツリーハウス見学・勉強会を実施することに。

で、せっかくなので、何かイベントをからめて
にぎやかにやろうよ、ということで
ヒメシャラさんにも協力いただき、
ツリーハウス前に広がる畑でいもほりをする企画をたててもらって、
タイアップイベントになった次第。

畑風景 ツリーハウス

……で、ここまでだったら
ただの、「別のイベント」なんですが……

構成メンバーが鼻笛づいているため、やっぱり
鼻笛なイベントにも、なっちゃいました。

先日のリーディング産業展(木製鼻笛はんばい)の
看板にするということで作ってもらった
でっかい鼻笛「はなやま ふえお」さんの
お披露目&音だし実演会を、しましたよ〜。

大工な吹く会長が、謎の本気を発揮して
ちゃんと構造まで忠実に仕上げてくれ、
でかい口とすごいハナ息がわりのものがあれば
ちゃんと音が鳴るというハイクオリティぷり。

畑の真ん中にはなやまさんを持ち出し、
すごいハナ息(ドライヤー)と、でかい口(かめ)で
擬似ハナ息を送り込み、擬似クチでハナ息をうけとめて……

ぶお〜〜〜 お〜〜〜 ぶお〜〜〜〜〜

ハラに響く重低音が、鳴りました!


……が、例によってというかなんというか、
鳴らす側になって、はなやまさんを支えていたため、
写真がまたありませぬ……無念。

誰かにカメラ、あずけといたらよかったなあ。



あ、メインイベントのほうは、
参加してくれた&主催側のみなさんが
報告や感想をアップしてくれているので(ここが一番報告が遅いかも……)
はりつけておきますね。
いろんなサイドから、お楽しみください☆

ヒメシャラさん「畑のおひるごはん日記」
http://ameblo.jp/anemonexamoroso/entry-10723652711.html

鼻笛大工「ひとみね建築設計ブログ」
http://hitomine.mie1.net/e268241.html
(あれ……消えてる)

池添さん「宇宙と野菜に愛と感謝をこめて」
http://tokimekifarm.blog17.fc2.com/blog-entry-1638.html
http://tokimekifarm.blog17.fc2.com/blog-entry-1639.html
http://tokimekifarm.blog17.fc2.com/blog-entry-1640.html


おまけ。
「畑のデザート」としていただいた
イチジクのてんぷら!

いちぢくてんぷら

甘みがぎゅっと増して、おもいがけないおいしさでした!


20110113補足。
大工Nくんもブログからリンクしてくれてたので
こっそりリンク返し(笑)。
……いつ気付いてくれるかな。ふふふ。

http://uraniwa28.blog94.fc2.com/blog-entry-47.html
author:emix, category:イベント【報告】, 22:04
comments(0), -, - -
11/21 たねのまつり【報告】
携帯電話の電波も届かない、
のどかで自然ゆたかな山奥で
無農薬・無肥料・自家採種&播種で
自然に近いスタイルで野菜を育てている
「時芽輝(ときめき)農場」の
池添さんと仲間たちが中心になって開く
「たねの交換会」とあわせた、
たねがテーマのイベント「たねのまつり」、
参加してきました!

……ちょいと、こちらのイベントは
口コミだけで公開してみよう、というコンセプトがあったので、
予告記事は、アップしていませんでした。

それでも、県内外から50人以上の人が集まったそうで、
遠方の方も多くいらっしゃいましたよ。

参加者はみんな出展者、自分ならではの一芸を持ち寄って
たのしく、ゆる〜りと交流しましょう、というもので
我々は、いわずもがな、はなぶえ持参で、いってきました。

今回は、私emixと、玉すだれの恭香氏、
そして、鼻笛カメラマンのM原氏の三人です。

会場のようす

収穫の終わった田んぼの中で、
めいめい、気の向いた場所に店をかまえて
たねや作物にかぎらず、自分のお気に入りのものやたべものを
売ったり見せたり、そして吹いたり。

これがわれわれのブースです。
よそさまより、ゆるかったです(笑)。

鼻笛ブース

出展(出店)とはいえ、
お金のやりとりは基本的にせずに、
通貨「まめ〜」を使うというきまりごと。
マネーはまめ〜、ということです。
たとえば、100えんは1まめ〜、で。
もやしもん・某農大祭の校票「農」みたいなものですね。

我々のホームグラウンドである
ローカル誌も持ってきたので、まめ〜で販売(笑)。

まめ〜


吹く会長が作った「ひのきのはなぶえ」も
いいニオイ、となかなかの人気。よーかった〜。
プラよりたくさん買ってもらえました。
こういう自然のものが多い場所では、
木のほうに魅力が出るのかもしれないなあ。

そんで、友人の友人である楽器やさんの
親子ユニット「ラモシオン」さんもきていたので、
彼らのギター&パーカッションとともに
鼻笛ライブ、させてもらっちゃいました。
適当に、あれをやろう、次はこれ、
あれもいけるんじゃないか、なんて、ゆるゆると
趣味にかたよりながら、古いフォークや洋楽などなど、
いろんな曲を演奏しました。
(ちびっこたちには、「私たちのしってる曲やってー!」って
抗議をうけました(笑))

ああ、たーのしかった!!!

演奏してたので、写真がないですが
池添さんのブログと、ラモシオンさんのブログにて
紹介いただいているので、リンクしておきますね。
なんやら、とりあげていただいて恐縮〜。

池添さんとこ
http://tokimekifarm.blog17.fc2.com/blog-entry-1634.html

ラモシオンさんとこ
http://ramo.mie1.net/e270900.html


ちなみに、池添さんは、農園のほかに
日本で数少ない、ロウフード(火入れしない料理)の
ランチ+デザートをいただけるレストラン
「菜食わらっぱ」もやっておられます。

人によっては、ひとかわむける、根本的なおいしさ。
私はひとかわむけてしまいました。
山と田畑が本気で欲しくなっているところ。

……ああ、誰か、山、ゆずってくださいませんか……。



そうそう、私がラモシオンさんと演奏している頃、
カメラマンM原氏は映画の試写を見るため、隣の勢和村に行っていたのだけど、
そこで、何故か試写会の前座として鼻笛演奏をしていたらしい。
ロビーで鼻笛で遊んでたら、声がかかったそうです(笑)。

しかも、この日、吹く会長がいなかったのは、
会議があって鎌倉の方にいっていたからなのですが、
吹く会長は鼻笛持っていってたので、
ちょうどこのころの時間に、
会議のメンバーたちに鼻笛見せて、吹及会をしていたらしい。


……伊勢友の会、同時に日本の三カ所で鼻笛を吹及するという、
この日に限っては、ちょう、活発な団体だったのでした(笑)。


いやはや、なにをとってもおもしろかった!
author:emix, category:イベント【報告】, 23:31
comments(0), -, - -