RSS | ATOM | SEARCH
11/21 たねのまつり【報告】
携帯電話の電波も届かない、
のどかで自然ゆたかな山奥で
無農薬・無肥料・自家採種&播種で
自然に近いスタイルで野菜を育てている
「時芽輝(ときめき)農場」の
池添さんと仲間たちが中心になって開く
「たねの交換会」とあわせた、
たねがテーマのイベント「たねのまつり」、
参加してきました!

……ちょいと、こちらのイベントは
口コミだけで公開してみよう、というコンセプトがあったので、
予告記事は、アップしていませんでした。

それでも、県内外から50人以上の人が集まったそうで、
遠方の方も多くいらっしゃいましたよ。

参加者はみんな出展者、自分ならではの一芸を持ち寄って
たのしく、ゆる〜りと交流しましょう、というもので
我々は、いわずもがな、はなぶえ持参で、いってきました。

今回は、私emixと、玉すだれの恭香氏、
そして、鼻笛カメラマンのM原氏の三人です。

会場のようす

収穫の終わった田んぼの中で、
めいめい、気の向いた場所に店をかまえて
たねや作物にかぎらず、自分のお気に入りのものやたべものを
売ったり見せたり、そして吹いたり。

これがわれわれのブースです。
よそさまより、ゆるかったです(笑)。

鼻笛ブース

出展(出店)とはいえ、
お金のやりとりは基本的にせずに、
通貨「まめ〜」を使うというきまりごと。
マネーはまめ〜、ということです。
たとえば、100えんは1まめ〜、で。
もやしもん・某農大祭の校票「農」みたいなものですね。

我々のホームグラウンドである
ローカル誌も持ってきたので、まめ〜で販売(笑)。

まめ〜


吹く会長が作った「ひのきのはなぶえ」も
いいニオイ、となかなかの人気。よーかった〜。
プラよりたくさん買ってもらえました。
こういう自然のものが多い場所では、
木のほうに魅力が出るのかもしれないなあ。

そんで、友人の友人である楽器やさんの
親子ユニット「ラモシオン」さんもきていたので、
彼らのギター&パーカッションとともに
鼻笛ライブ、させてもらっちゃいました。
適当に、あれをやろう、次はこれ、
あれもいけるんじゃないか、なんて、ゆるゆると
趣味にかたよりながら、古いフォークや洋楽などなど、
いろんな曲を演奏しました。
(ちびっこたちには、「私たちのしってる曲やってー!」って
抗議をうけました(笑))

ああ、たーのしかった!!!

演奏してたので、写真がないですが
池添さんのブログと、ラモシオンさんのブログにて
紹介いただいているので、リンクしておきますね。
なんやら、とりあげていただいて恐縮〜。

池添さんとこ
http://tokimekifarm.blog17.fc2.com/blog-entry-1634.html

ラモシオンさんとこ
http://ramo.mie1.net/e270900.html


ちなみに、池添さんは、農園のほかに
日本で数少ない、ロウフード(火入れしない料理)の
ランチ+デザートをいただけるレストラン
「菜食わらっぱ」もやっておられます。

人によっては、ひとかわむける、根本的なおいしさ。
私はひとかわむけてしまいました。
山と田畑が本気で欲しくなっているところ。

……ああ、誰か、山、ゆずってくださいませんか……。



そうそう、私がラモシオンさんと演奏している頃、
カメラマンM原氏は映画の試写を見るため、隣の勢和村に行っていたのだけど、
そこで、何故か試写会の前座として鼻笛演奏をしていたらしい。
ロビーで鼻笛で遊んでたら、声がかかったそうです(笑)。

しかも、この日、吹く会長がいなかったのは、
会議があって鎌倉の方にいっていたからなのですが、
吹く会長は鼻笛持っていってたので、
ちょうどこのころの時間に、
会議のメンバーたちに鼻笛見せて、吹及会をしていたらしい。


……伊勢友の会、同時に日本の三カ所で鼻笛を吹及するという、
この日に限っては、ちょう、活発な団体だったのでした(笑)。


いやはや、なにをとってもおもしろかった!
author:emix, category:イベント【報告】, 23:31
comments(0), -, - -
Comment