RSS | ATOM | SEARCH
福島のこどもたちと、サマーキャンプ!
10日まで、福島のこどもたちを呼んでのサマーキャンプが
伊勢の「高麗広」という山の中のキャンプ場で、実施ちゅう。

友人たちがたくさん関係しているので、
とにあえず、楽器を積んでのぞきにいってみました。

(とにかく+とりあえず、がくっついちゃったタイプミスですが
なんとなく気に入ったので残してみました〜)

ライブ

(吹く会長と、あやのさんのセッション。
 このほかにも、いろんなひとの、いろんな演奏がありましたよ〜)

よかった。
ふつうに、よかった。

ふつうに居心地よくて、
ふつうにみんなウェルカムな感じで、
ふつうにごはんがすごくおいしくて、たっぷりあって、
ふつうにちょっとなまいきだったりするこどもたちが、
ふつうに走り回って、騒いでて、
ふつうににぎやかな、笑いのある時間が、流れてた。

福島のこどもたちを呼んでいる、
その意味とか、気負うものとか、
なんか、いい意味で、さらっと流れていって。

そうだよなあ。
「ふつうに過ごしてもらう」ために、
お誘いしたんだもん。

はなぶえも、たくさん遊んでもらいました。
やっぱりこどもは「照れ」より「おもしろさ」との
つきあいかたがじょうずかも。
(うっかり、写真なし……)

「ふつう」の意味とか、
「こっちにあって、あっちにないもの」とか、
これからのこととか、
いろいろ思うところ、
考えなければならないこと、あるけれど、

いまは、目の前にある、
豊かで楽しくて賑やかで
虫がにぎやかで、外だから涼しくて
電波もとどかなくてちょっと不便な、
伊勢乃国・山奥のキャンプ場での「感じ」を、
全身で味わってもらったらいいな、っと。


きてくれて、ありがとう。
出会ってくれて、ありがとう。
伊勢、知ってくれて、ありがとう。

他意なく、そんな気持ちです。

……さ、あと1日!
誰にとっても、いい時間になりますように!!
author:emix, category:雑記, 18:21
comments(0), -, - -
Comment