RSS | ATOM | SEARCH
8/13-14 鼻笛ちゃん IN 富士山。
二番目ピーク

「いつか行きたい……」と思っていた、富士山。
このお盆、とあるご縁で、富士山登山の一行に紛れ込ませてもらいました。

いろんなことがたくさんあったので、
詳しくは、ふつう日記のほうに。
これでも書き切れてないのですが、まあ、いろいろ補完するところがあるはずなので、とりあえずはコレで。



今回、富士山に登ろう、と思ったとき、
決めてたことがありました。

それは、「富士山のてっぺんで、『富士山』を吹く」こと。

それが、冒頭の写真です。えへへー。
撮影は、某山岳・山伏系プロカメラマン、M氏。
こんなんにつきあわせて、ホントすみません。

一番のピーク(気象観測台のあったとこ)は、大人気で混雑していたので、
みんながそっちで並んで記念写真をとっている隙に、こっちへ。
「富士山まで登って、いちばんてっぺんじゃなくて、にばんめのてっぺん」ていうあたりが、
なんとなし、一息抜けた感じで、はなぶえ的だなあと。

しかし、空気が薄いせいか、いつもと同じ加減では、
音が出にくかったー。高地、環境の差、すごいなー。

ちょうど回りで休憩して風景をながめていたひとたちが
8人ほどいて、おもしろがってもらいました。拍手もいただいちゃった。
ありがとうございます!

そして、このにばんめピークの下には、
富士吉田市があります。
そう、日本鼻笛協会 富士山友の会のあるところ。
きこりさーん、まつや茶房さーん、聞こえましたかーー?(笑)

雲海の下に、富士山友の会。

この雲海の下に、富士山友の会。


それから、お鉢巡りの途中、
そういえば鼻笛ちゃんがあまりはっきり写ってなかったな、と
金剛杖にちょいとからめて、あらためて、記念撮影。

はなぶえちゃんと金剛杖。

背後に、いちばんピークから降りてきた同行のみなさまが写り込んでいます。
(遊んでいるうちに、追いつかれてしまった)

そして、くるっと右回りに回って、
通称「商店街」へ。

お店がいろいろ並んでます。

で、さっき金剛杖にからめた鼻笛ちゃんを
しまうのもつまんないなー、と思って
くだりはじめるまでは、ぶらさげておこうと思って
首に下げて、商店街をぷらぷら。

お店をのぞいて、店の人と話しているときに、
「ん? その、首からさげてるの、何?」と聞かれ、
「あ、鼻笛です、鼻息で吹く笛の」と言ったら、
お店のみなさんが、「あ!」といって、
「おーい、すずきくーん!」とひとりのなかまを呼んで。

「ちょうど、こないだ買って、昨日届けてもらったんですよー!」
彼がごそごそ出したのが、てみる屋さんちで取り扱ってる、ベトナムはなぶえ!!

うれしさあまって、吹き合って、記念撮影。
いやはやーー、富士山のてっぺんまで来て、
こんなおもしろいハプニングな出会いがあるとは!!

すずきくんと。

鈴木くん、なかまのみなさん、
たのしくておもしろいサプライズなひとときを、
ありがとうございました!!

また、いつかどこかで、会いましょう!!
……ていうか、また富士山登ったら、会えるかな。ふふ。


しかし、なんというか、他の楽器だと、
ぷらっと持ち歩けるようなものじゃないから、
こういう場で持ってるとこに出会えないし、
そもそも、何それ? にはならない気が。

軽くて小さくて、気軽、折れる心配なし、
一見楽器かどうかもわからない、そんな鼻笛ならではの、
おもしろい出会いだったなあとしみじみ。

調子に乗って持ち歩いて、
歌口をコツンとぶつけてしまわないように、
はやいとこ鼻笛ケース、作ろうっと。
author:emix, category:雑記, 12:32
comments(0), -, - -
Comment