RSS | ATOM | SEARCH
【4/1】鼻笛ランチの会、無事終了〜
亀山、石水渓にある自然ゆたかなキャンプ場の一角の小さな小屋で、
ナチュラル素材を中心とした子どものおもちゃや、
ほのぼの、あったかい気持ちになる本や絵本を販売しているkiwiさん。
(そして、その商品ラインナップに鼻笛もまぜてもらってます♪)

そのkiwiさんの主催で、
おとなりのカフェ・望仙荘を会場に
「鼻笛ランチの会」をやってきました!

鼻笛ランチの会とは、
お子さまランチのおまけのおもちゃのごとく、
望仙荘さんのおいしいランチに鼻笛がついてきて、
吹き方のレッスンをさせていただきながら、
一緒に楽しく吹いて遊ぶ会。

kiwiさんのお客のみなさん、
ちびっこ連れのお母さんたちが来てくれました。



鼻笛たちが、お出迎え。

レッスンのようすは撮っていなかったので
残念ながら写真はないのですが、
みんなで、お座敷で輪になってアットホームな感じの空間で
鼻笛の音の出し方、音階のつけかた、そして合奏、などと
やらせていただきました。
(こどもたちは飽きておもちゃで遊びはじめちゃった〜)


そして、これが望仙荘さんのランチ。
かわいくて、やさしい味で、おいしかったー。



食後は、ライブタイム。
ちょうどハイキングのご一行が立ち寄るということで、
ギャラリーがたくさんいる中での演奏に。ちょっとどぎまぎ。



(鼻笛装着してます)

何曲か演奏した中で、
吹く会長がなにやら意味ありげに演奏したのは、
中条きよしの「嘘」。

……はい、エイプリルフールですもんね。
こういう仕込みには余念がないです。

そんなこんなで、カントリーな雰囲気のあるログハウスに、
はないきで奏でる演歌の調べが響いたのでした。
(あ、演歌ばっかりやっていたわけではありませんので、念のため)



おまけ。
望仙荘さんの薪ストーブの上には、
なにやらくるくる回るプロペラが。
ファンヒーターならぬ、ファンストーブです。

熱をエネルギーとしてあれこれして、
プロペラを回す力にしているものだとか。

こういうものが子どもたちの身近にあると、
電気以外のエネルギーの可能性を
素直に想像できて、いいなあと思います。


author:emix, category:イベント【報告】, 00:06
comments(0), -, - -
Comment