RSS | ATOM | SEARCH
11/7 熊野 出会いの里「芋煮会」【報告】
以前、歩き人ふみさんたちを追っかけておうかがいした、
野菜とにわとりを育て、自給自足の暮らしをしながら民宿をやっている
「熊野 出会いの里」のみなさんのところに、またおじゃましました。

前におじゃましたとき、
「今度芋煮会をやるで、おいでな〜」と
いってくださってた、そのお誘いにのっての訪問です。

余興として出し物を……ということだったので、
うたうひと、ギターをひくひと、ディジュを吹くひと、
大道芸スキルのあるひと、はなぶえのひと……
そんなめんめんで、おじゃましました。
……気分は、旅芸人一座。

移動は車なので、荷物にならないし
「せっかくやで見せびらかしましょ!」と
先日作った、でか鼻笛も、つれてきました。

途中、キレイな砂利浜として名高い
七里御浜 にて、途中下車。

しばし、浜で遊びます。

はなぶえも、記念写真をとろう、ということで
一緒に下車し、浜に降り立ちました。

はなやまさんを見る

遠巻きにみる皆さん。

……いつしか、彼の名前は「はなやま ふえお」に。

はなやまさんをいじる

遊ばれる、はなやまさん。
砂利浜じゃなきゃ、これ、できませんね。
丸くてきれいな小石が、いっぱい!


そして、途中、道の駅で
うみがめさんを見たり、ぬかづけ買ったり(重要。おいしいのー)、
みかんを買ったりしながら、和歌山入り。

昔、熊野本宮大社があった跡地、大斎原(おおゆのはら)に到着。
ここが、芋煮会の会場です。
……いろいろと、歴史や事情のある土地なのですが、
ここでは割愛……興味あるかたは、ぜひ調べてみてくださいませ。

竹のうつわといもじる

さっそく、竹を切ってつくったうつわと箸で
(竹がごろごろと置いてあって、自分たちでそれぞれ切って作る)
いもじる&おにぎりを、いただきます。

……こういう場所でのイベントの時に、
この方法は便利でいいですね。

数が足りなくなる……ということがないし(作ればいい)、
準備も、後かたづけも、らくちん。


そして、みんなのおなかがおちついたところで、
だしもの、いろいろ!

たますだれ うたとディジュ

最後に鼻笛もまじって、
こんなのどかでいい場所なので
みんなで「ふるさと」を吹きました。

その後は、駅弁のごとく、実演販売の行商(笑)。

はなぶえうり

なかなか、おもしろがってもらえました。
ふふふ。


そんなこんなで、楽しく過ごして
帰りは「川湯温泉」であったまって、
「人によっては、ちょうおいしいもの」を
食べて帰りました。

なれずしs

さんま、さば、あゆのなれずしです。
たしか、2年くらい漬かってるもの。
ホネまでふにゃふにゃとやわらかくなり、
まるごとイケます。
このへんでは、漬けてるゴハンも一緒にいただくということで、
下にそれこそ「お寿司」のように、なれたゴハンがついています。
これがまた……うまいんだなあ。

なれずし、と聞くだけで「ぎゃっ」という人も
いようかと思いますが、
この日のメンバーにとっては「きゃあ♪」ってなもんで。
食べるの、2回目だしね。

この日は車で日帰りだったため、
お酒を飲めなかったのが、残念。
日本酒に、めっちゃ合うんだよなあ、これ……。


……そんなこんなの、旅芸人な1日のことでした!
author:emix, category:イベント【報告】, 22:50
comments(0), -, - -
11/6 リーディング産業展2010【報告】
さて、ついに、リーディング産業展。
三重の木製の、鼻笛のお披露目イベントです!

こちらのイベントは、大工である吹く会長が、
「三重県木材協同組合連合会」からのお声がかりで、
なかまの大工・設計士と共同で
「三重の木と土で家を作る衆」という名前で
展示・販売ブースをいただいた……というのが
正確なところ、です。

なぞブース

……なのですが、
看板に偽りありと言うか、なんというか、
「三重の木と土で家を作る衆」という看板の下にならぶのは、
バリエーション豊かな鼻笛の数々、というカオス。

さらに、家→建築本→出版元のローカル誌→そこに連載の写真……という
つながりで(たぶん)、本も売ったり、ポストカードもならべたりと、
異色なブースになりました(笑)。

そうそう、そして!
こないだ吹く会長につくってもらった、
看板娘?の、巨大はなぶえさん!

鼻山さんとブース 鼻山さん

せっかくなので、目と口もつけました(笑)。
かーわいいなあ!
(名前は、かんがえちゅう です)

そして、調子に乗って、
プラ鼻笛に目をつけて、ディスプレイ。

いろんな形とサイズの動眼があるので
いろいろとバリエーション作ってみたけど、
やっぱり、ちょっと大きめでつぶらな
まんまるめだまが、鼻笛には似合いますね。

はなぶえたち。


肝腎の売れ行き&人気 のほうですが、
こちらも、なかなかそこそこいい感じ。

ご近所ブースのかたとかも、おもしろがって買ってくれて、
販売中に、あれ、どこからともなく音がするなあ、と思うと
横で練習されていたり……と、そんなゆるゆると楽しい場になっていました。

ああ、たのしかった!!!

author:emix, category:イベント【報告】, 22:34
comments(0), -, - -
10/27 生物多様 性交流フェア(COP10)【報告】
生物多様性交流フェア、無事終了しました!

なんだかんだで、
前日まで内容が読めませんでしたが
(吹く会長が前日まで資料づくりやらなんやらに
追われていたという説もあります)
フタをあけてみれば、
三重県が誇る尺八奏者・新田みかん氏と
カホン制作者で演奏者でもある越仮夫妻も
応援にかけつけてくれるという
ライブ的に、豪華な顔ぶれに。

……ええと、ホントは、木や家の話、だったよねえ?
まあ、生物多様性だから何でもアリか……。

でも、気付いてみれば、なぜかライブになっていますが
全部、「木」つながりなのです。

尺八も木(竹)、カホンも木、鼻笛も木。

家にもなるし、楽器にもなる。
つまり、木は、いろんな形で
ひとを安らがせ、楽しませてくれるのです。
木の多様性、たいしたもんです。
(無理矢理つなげた感もありますが……)

さて、かんじん(ここでは)の鼻笛のでばんは、ラストのトリです。

身の回りにある木や竹、石などを活用して、
集落のなかまたちで協力しながら建てるという
昔ながらのスローな家づくりの紹介から、
現在の「便利で手早い」家づくり、ひいては
生活サイクルを見直す……という発表のあと……

スライド上映で里山の風景を写しながら、
みかん氏の尺八、越仮さんたちのカホンと合わせて
鼻笛で「ふるさと」「ななつのこ」(あかとんぼ……だっけ?)を演奏。

……なのですが、ステージに出ていたので
写真がありませぬ……
もしも誰か撮ってくれてたら、送ってください〜。

リハーサルをする余裕がなく、
あたふたした舞台裏の垣間見えてしまう
ステージとなってしまい(来てくれたかた、ゴメンナサイ!)
全力投球! できてなかったのが
申し訳なく、また心残りではありますが、
とにもかくにも、ハナ息で鳴らすユカイでへんな笛「鼻笛」を
記憶のかたすみに、ひっかけてもらえてたらな……と思います。

来てくださったかた、応援してくださったかた、
どうもありがとうございました!!
author:emix, category:イベント【報告】, 23:59
comments(0), -, - -
10/13 三重大ジャグリング部見学 【報告】
三重大にジャグリング部が出来たんだって〜、
しかも学外にもけっこうオープンらしくて……という話を
大道芸部門部長のキョーカさんから聞いて、
鼻吹く会長もさそって、ちょいと見学におじゃましました。

びょーーーーん!

ディアボロ、シャワー(おてだま)、
ポイ、あとバトンぽいもの(名前聞くの忘れた)……
なんやかんや、いろいろあれこれの
ジャグリングアイテムが、ぞろぞろ。
それらを、実演してもらいつつ、
やりかたを指導してもらいました。

練習風景 ジャグ部に吹及

超たのしかった!
超かっこよかった!
鼻笛受けた!(おまけ)

とにかく、たのしくて、おもしろい。
で、すごい。技が魅せる。
そして、やってるひとが、楽しんでる。
みてても、楽しい。

大道芸って、そういうものだな、と
あらためて、ほれました。
なんだかんだで縁あって、私は大道芸と身近だけど
もっともっと、たとえば、
各コミュニティに一芸、くらいで
身近なものになったらいいのにな、大道芸。
(ああ、でも昔はそうだったんだろうな、
地元でいえば、伊勢音頭とか、一色能とか、河崎音頭とか
狭い範囲でいろいろ芸能あったもんな……)

そんでもって、
ちゃっかり、ディアボロいっこゆずってもらいました。

うふふふふ。
たのしいな〜、たのしいな〜。

三重大ジャグリング部のみなさん、
どうもありがとうございました!!!

author:emix, category:イベント【報告】, 08:51
comments(0), -, - -
10/11 ロジウラマーケット
書こうとおもって、すっかり埋蔵してた。

この日のロジウラマーケット、会としての参加はできなかったので
当協会の大道芸担当、タマスダレニスト・恭香氏の古本販売ブースに
ひっそり、鼻笛、まぜてもらってました。

(こっそり、更新。20110505)
author:emix, category:イベント【報告】, 08:36
comments(0), -, - -
9/12-13 海のバリアフリーまつり2010【報告】
 2010 9/12-13、津市河芸町のマリーナ河芸にて
海のバリアフリーまつり というイベントがあり、
メインはバリアフリー仕様の船を中心とした
いろんな船の乗艇会……なのですが、
その中で何故か鼻笛、賑やかしつつ販売しつつしておりました。

鼻笛仲間であるミュージシャンたちのライブと
参加者のひとたちと一緒に音を楽しむ
「音楽アクティビティ」もあったりして、
リズムのあふれる、賑やかなものとなりましたよー。

鼻笛協会大道芸担当(笑)のすだれ・恭香さんの
皿まわしの皿を持参しての応援もあり、
ライブ会場脇で鼻笛売ったり吹いたり、皿回したりと
ワイワイやっておりました。

来場のひとたちの鼻笛の感想は
「なんだそりゃ?(ふつうに疑問)」→「鼻息で演奏?」→
「なんだそりゃ!(大笑い)」
ってなかんじで、
ジャンルを越えて、おまつり好きの人たちに
けっこう喜んでもらえてました。
シンプルな形でありながら、
案外ちゃんと音が出る&音域広いというのも
おおっ、とびっくりしてもらえちゃうポイント。

----------

写真ズ。

9/11-12BFF 9/11-12BFF
左:皿回しで遊んでたら津軽三味線でちゃんかちゃんか♪と
伴奏をつけてくれた新田みかん氏。

右:ライブ演奏。今回のユニットは「Living★炭火」、
左からディジュリドゥ三上さん、ドラムらいとさん、
尺八みかんさん、オーバートーンフルートゆるりさん。
のちほど、ボーカル&踊り子で
ナヨコさんとつるちゃんが乱入してました。


9/11-12BFF 9/11-12BFF

左:音楽アクティビティ。
参加者のひとたちに自由に使ってもらえる笛や太鼓を用意して
リズムを奏でたり一緒に歌ったり、
とにかく「音を出すこと」「声を出すこと」を楽しみます。
バンザイしてる麦わら帽子のひとが、ファシリテーターいづみさん。
場の空気を読んで導いて膨らませて、盛り上げる天才です。ほんとに。
あー、楽しかった!!

右:われら日本鼻笛協会伊勢友の会の2日目ブース。
1日目はちょう日なたの場所で
鼻笛があっちんちんになってしまったこともあり
2日めはテント下に移動。

ちびっこにもたくさん遊んでもらいましたよ。ふふふ。
author:emix, category:イベント【報告】, 17:36
comments(0), -, - -
8/29 土壁つけワークショップ【報告】
前回の竹小舞ワークショップに引き続き、
静岡県三島市の建築現場に行ってきました。
今回は、菰野の大工M田さんと
美里の大工T橋さんも一緒。

今度の作業は、土壁つけ。
足でよく踏んで練った土を
前回編んだ竹小舞に塗り、
土壁にしていきます。

前回に引き続き、
S井さんファミリーが参加。
さらにご近所の友人家族もさそって
遊び&応援に来てくれ、
賑やかな現場になりました。

こどもたち こやまさん

「楽しくたって、仕事はできる。」とは
某コピーライターさんの言ですが、
ほんとに、そうだよな……というか
それが普通であって何の不思議があるのだろか、と
にこにこしながら、子どもたちに
作業を教えている左官・K山さんの
後ろ姿を見ながら思ったり。

土壁ぬり 土壁外観

今回も、前回とは顔ぶれはちょっと異なるものの、
友人、仲間、施主さん、などなど
いろんな縁でつながる応援メンバーで
どんどん塗っていきます。


そして、また休憩時間には
鼻笛&演奏タイムになりましたよ。

……回を重ねるごとに
なんか、演奏グレードが上がっていくのは
何なのでしょうか。
楽器、続々出てくるし。
いや、楽器じゃないものも楽器になってるし。

鍬パーカッション

左官・K山さんの友人、Kんちゃんが
ギターをかきならしつつ
即興の土壁ソングを歌い(最高!)、
吹く会長がそれに合わせて
鼻笛を吹いたり
鍬パーカッションを入れたり、
T橋氏がブルースハープを吹いて
何や名前の知らない太鼓が出てきて(不勉強(汗))
それからそれから……

もはや、この混沌とした状況を
うまく説明できませんが、
とにかく、楽しいな、と。
このひとたち、おもしろいな、と。

たぶん、自分が部外者で
外からこの怪しい作業現場を見ていたら、
うらやましくなっただろうな、と楽しくなりました。
ふふふ。こっちがわでしあわせ〜。

author:emix, category:イベント【報告】, 18:31
comments(0), -, - -
8/15 ジョイントライブ【報告】
昨年秋、吹く会長と美里支部長(笑)Mっちゃんが
新潟長野県境の斑尾高原で一緒に演奏したご縁のある
ウエーブドラム(和太鼓のドラムセット)奏者の辻田さんたちと、
「YellowSoul(RIKI+ASH)」のジョイントライブが
津のライブハウス「Paradox」にて、ありました。

YellowSoulのRIKIさんは
吹く会長&Mっちゃんと親しい
地元在住の、シンガーソングライター。
で、鼻笛仲間でもあります。

RIKIさんは別ルートで鼻笛をゲットしていて、
その鼻笛で、ライブにちょいとひとネタ仕込もうという
お誘いでした。

で、お試し鼻笛たずさえて、
吹く会長、北勢地区広報部長ナヨコさん、
大道芸部門担当の恭香さんたちと
(すいません、みんな勝手に肩書きつけちゃった)
おでかけしてきました。
……半分ほど歌い終わって、RIKIさんが
ステージ上でごそごそと、鼻笛を引っ張り出します。
 鼻息で奏でるヘンな楽器、と紹介して実演。

その流れで、日本鼻笛協会、紹介していただきました。
 お試し用鼻笛を配り、軽くアピール。 で、
ちょこっとだけですが RIKIさんのステージにまじり、
 鼻笛で「アマリリス」吹かせていただきました〜。

証拠写真。(Photo by 写真師 松原豊) 
ぱらどくす

いやあ、おもしろかった!
そういえば、鼻笛としては初オンステージだったのでした。

RIKIさん、お誘いありがとうございました〜!
author:emix, category:イベント【報告】, 23:36
comments(0), -, - -
8/8 竹小舞編みワークショップ【報告】
何屋さんなのか訳分からぬ、と
一部で有名?な吹く会長ですが、
本職は大工です。たぶん。

で、彼の友人である静岡の大工、
K山氏の現場応援のため、
吹く会長&ナヨコさんと一緒に
静岡県三島市の日本家屋建築現場へ
行ってきました。

作業は、竹小舞(えつり)編み。
土壁つけの芯となる竹の格子を
作っていく作業です。

竹小舞
この格子ですね。

土壁つけは、まだ先ですが
その土の準備として、土練りも少々。

土ねり
にゅるっとひんやり、気持ちよいです。


……このへんの詳しいことについては
本職のひとに説明をお任せするとして……

ここにいたメンバーは
K山さん、彼の仲間の大工、
吹く会長とこの若手N和くん、左官のK山さん(名前かぶったなあ……)、
元施主さん、建築学校の学生、
彼らの友人、家族……などなどでした。
まさに「応援」って感じで
いいつながりだなあ、としみじみ。
初対面でも、なんだか仲間意識が
すぐにわいてきちゃいます。


そんなメンバーで
がんばりつつも、なごやかに作業をしたあと。
休憩時間、おもむろに(いや、うきうきと……かな)
自己紹介がてら鼻笛を出して
「こんなんがありましてね……」なんて
お見せして実演してみたら……受けました。

いやあ、嬉しい〜。
受けるってことは、「おもしろい」を
共有できているわけで、
ヘンなカードを切った(笑)ものとしては
なによりうれしい反応なのです。
きゃっほーい。

地元大工のHバくん、
同じく地元富士吉田市で
古民家民宿を営んでおられるS子さん、Kこりさんが
とりわけ、おもしろがってくれ……

後日、彼らを中心メンバーとした
「富士山友の会」発足という
ことに相成ったのでした。
いやあ、おもしろいなあ……。


そして、もうひとつ、楽しい縁が。
この現場に行く前に住所を見て
「おや、大学時代の先輩S井さんの住所に近いかも?」と
思って連絡をとっていたのですが、
車で10分くらいと、ほんとに気軽な距離であることが判明。
うまいこと予定も合わせてもらえて、
久しぶりに会うことができました。

先輩にも、やっぱり鼻笛吹及。
奥さん、子どもたちも一緒に来てくれ、
家族ぐるみで、遊んでくれました。
S井さんありがとう、また来ますね!
author:emix, category:イベント【報告】, 19:09
comments(0), -, - -
8/1 海のバリアフリーまつり in すさみ【報告】
和歌山県すさみ市であった
海のバリアフリーまつりに
応援として参加してきました。

もともと、「海のバリアフリーまつり」は
津市河芸のマリーナ河芸で5年前からはじめたものが、
すさみの観光協会のかたから「いいなあ」と目にとめてもらえ、
こっちでもやることになったという経緯。

おまつりだし、音楽はあったら楽しいし……
などと、いつものように鼻笛をふところにしのばせ、
行ってきました。

ひとつ、まじめなはなし、
鼻笛の「いつでもどこでも、そしてほぼ誰でも吹ける」という特長、
バリアフリーという「敷居の低さ」「垣根のなさ」に
通じるところがあると思うのですね。

楽譜が読めなくても、
指使いを覚えられなくても、
感覚をつかむための練習は若干必要ですが、
「うたいたい」と思ってうたえる歌は
すべからく、吹けちゃうわけですから。

そんなこんなで、応援&記録係として
会場をうろうろしながら、
……鼻笛売ったり吹いたりしてました。

で、ひょんなことから
すさみ町長さんのお手元にも
いっこ行ってます、鼻笛ちゃん。
今も、遊んでもらえてるかな……。

また、この会場には
すさみ町と姉妹都市になっている
大阪・寝屋川市のほうからも
たくさん応援のかたがみえていたのですが、
その中で音楽セラピーをされていた
「日本音楽ヘルパー協会」の方々が
鼻笛に興味を示していただき、
たくさんお持ち帰りいただきましたよ。

……大阪でも流行ってるといいなあ、鼻笛。

いつかどこかで、お会いするご縁が
あるといいな。
日本音楽ヘルパー協会の皆さん、
ぜひ、またお会いしましょう!!
author:emix, category:イベント【報告】, 20:49
comments(0), -, - -